【韓国の反応】「東京オリンピック」は、呪われたオリンピック?

昨年、韓日貿易摩擦で反日感情が高まり、ソウル鐘閣駅近くにかかった「2020東京オリンピックボイコット」の垂れ幕。[写真=聯合ニュース]

引用元 https://n.news.naver.com/article/277/0004646801

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って不透明になった東京オリンピック・パラリンピックの開催可否を置いて、政府内の対立が深刻化している。安倍首相は何とかオリンピックを開催しようとするが、麻生副首相は18日の参院財政金融委員会で「呪われたオリンピック」とし、開催中止の可能性に言及した。韓国内での世論調査では「東京オリンピック不参加」の意志が高いことがわかった。
この記事の最後は、”オリンピックは、日本のお祭りではありません。人類のお祭りです。オリンピック開催が「人類がコロナウイルスに打ち勝った証になる」という安倍総理の言葉は正しいです。コロナ19が一日も早く落ち着いて正常にオリンピックが開催されることを願っています。”と締めくくられた。 以下韓国の反応である。

もちろん参加する選手の立場から見れば残念、心配になりますが、記事を開催側に追い込むようなのを見るとまるで日本で裏金も受けたようなニュアンス。

最後の文章は、安倍が書いたの?

記者日本の代弁人?

アベと記者様の願いでしょ。もちろん選手たちの苦労は分かるが、安全、健康がより優先ではないだろうか。

選手たちを考えると残念だが、麻生副総理の言葉が正しいようだね

東京オリンピックに行ってコロナかかって来たらどうするんだよ。コロナ検査もしないで、ずっと広がっている状態で開催しようってのが馬鹿じゃないか。

コロナだけでなく放射能の問題もある、日本政府は、その二つの部分で不透明。

オリンピック開催が「人類がコロナウイルスに打ち勝った証になる」という安倍の言葉は正しいという記者の意見に同調することができない。今のような状況では、オリンピック開催は、人類の災いではないか?

日本の人々は韓国にあまり関心もないようだし余裕な感じ、韓国に観光にもたくさんきていて..でも、韓国人は日本の記事にすごく興味を持って呪いのコメントを浴びせる。そんなことで日本に勝つことができるか?何の意味があるかと思う。

私も以前日本人が韓国をすごく意識するだろうと思ったが、いざ、日本に住んで見るとべつに関心ないし、すっきりしていたよ。韓国人こそ、日本をすごく意識しているんだと思う。

本当に関心無し。嫌韓右翼や韓流ファンくらいしか興味を持っていない。行ってみると思ったよりもアウトオブ眼中なので私も驚いたこと。韓国ブランドを韓国のブランドだという理由で買わないこともない。そもそもサムスンを除いては、何が韓国企業なのかよくわからない人たちが大半。iPhoneは日本人特有のマニアックな傾向をよく満足させてくれる携帯電話なので、極めて例外的なケースかと。

人類がコロナ19に勝利するということは、全世界的な広がりが阻止されて治療剤とワクチンが開発されることだという点は明白である。オリンピック開催などでウイルスに勝った宣言するという発想こそ…集団でパーティーを楽しみながら大丈夫言う無知者とおなじ。

もちろんオリンピックのために訓練された選手たちが最も優先されるべき。だからこそ、韓国の選手たちを保護するためにボイコットしなければならないでしょう。これは、日本に対する感情を排除してもプレーヤーの保護慎重に検討した結果。

日本はキャンセルや延期の際に手に負えない状況なので強行するんだ。ところが、その方法が、放射線数値の歪曲。コロナ未検査で確定者を減らす。自国民も信じていない統計情報を差し出しながら、世界中の報告安全であると言い張る。「オリンピックは世界の祭り」というのは正しい。しかし、今は安倍のオリンピックではないか。政治とお金のために、世界中の人をだまして強行するオリンピックが果たして記者の言葉通り世界の祭りか?

通常開催したって参加国もないのにお前、日本国体でもしておいてください。

当初から放射能隠しながらオリンピックするのが間違っていた日本では、何もするべきではない

日本文化が好きだが、特定の政治家が自分の権力を維持するために、政治的目的のために自国民の生命に脅威を与えるような危険で誤った判断は批判されるべき。

全世界が東京オリンピック不参加の意思を明らかにしてほしい。みんな顔色伺い戦い中みたいだけど、韓国が最初に不参加意思投げちゃいけない?国家間の損益を計算するのもいいけど、今は国民の安全を取りまとめることがより重要だと思う。

奥田英朗の小説『オリンピックの身代金』が連想される。オリンピックを通じて経済復興を望んでいた日本。 今や、個人(組織)のテロではなく、ウイルスがオリンピックを阻止するね。