【韓国の反応】遠慮しないで食べていきな!顔色伺うと怒られる「無料サムギョプサル」

引用元 https://n.news.naver.com/article/005/0001321858

ある焼肉屋の社長がすべてのメニューを、無期限に無料で提供している。さらには、もじもじと人目を気にしている客は怒られるという。果たしてどのような事情か。次は、門の前に書かれた案内文の内容だ。
「みんな。ただおじさんおばさんがご飯一食用意してくれたと思って気軽に食べに来よう。だから以下のいくつかの内容だけ守ってね!」
1.お店に入ってもじもじと気にしていると怒るよ!
2.何でも食べたいもの言ってね。遠慮してると怒るよ!
3.来る前に必ずおじさんに電話してきて。鉄板温めておくから!
4.食べ終えたら、(欠食児童)カード、一度見せて笑顔を見せていってほしい
5.頻繁に来てもいいから笑いながらよく会おう!
社長は、現在欠食児童を対象に、食事を無期限・無料で提供している。偶然TV番組で欠食児童に無料で食事を提供するパスタ店を見たのがきっかけだ。この取り組みが話題になり、一般客から寄付金が寄せられた。新型コロナウイルス感染症により売上が大きく減ってもなお、善意の児童奉仕を続ける社長に感動と応援の声が上がっている。

本当に素晴らしいね。言葉は容易でも実際には難しいことなのに、社長のその暖かい気立てが貧しい子供たちに伝わり真っすぐな子になってくれれば社長さんも喜ぶよ。このような方がまさに天使か。

あんな社長はお金で厳しく叱らなきゃだな!みんなたくさん行ってください

欠食児童たちは、国民皆が責任を負うべき課題〜社長様ありがとうございます〜繁盛して、こういう美しいウイルスが広く伝播されることを願っています

社長尊敬します~~ とても貧しく育ったので共感する内容だ。成人になって、工場で働くときの飲み会の席で初めて食べたサムギョプサル…子供たちにとっては貧困で大変な時、教育費、生活費ではなく、友人が簡単に食べるものを食べられないときや友達が簡単に接する文化生活を接していないときが一番つらい。これらの欠乏で自己や価値観が歪んでる場合もたまにありますよね。社長ありがとうございます。これらの話のおかげでヘル朝鮮という言葉をしばらく忘れられる。

子供三人育てる母親だけど朝から涙出させる記事ですね。良い心に感謝。美しい実が結び、遠い将来の子供たちが、暖かい心を覚えて、その何倍もの種を蒔くでしょう。

コロナ終わったら5千円花束に準備をしておかなくちゃね 善を広く知らせず、単独で隠れて行いをした罪を受ける必要がありますね(^^♪

景気が良くない中、良い仕事をして善良に生きるとは、賞賛してこらしめるしか。常連たくさんできて金持ちにでもなれ!

本当に…ありがとうございます。社長…他の国と違って、まだ韓国に希望がある理由は、このような社長とまた寄付してくださるお客様がいるからでしょう。

世界はまだ生きる価値があるね( ;∀;)

このようなきつい経営難にも子供のために力を入れてくれてありがとう。

このような場所は訪ねてお金を渡さなければならん

言葉だけの政治家たちよりも、このような方々が国のためにすることがより大きいと思う。繁栄し幸せになってください。

議員たち見てますか?ちょっと学べ!

まだまともな世界。ありがとうございます

給食カードを使用する子供の母親です。私たちの地域にも良い店があるけど、子供が気軽に入るのが難しくてね。一度勇気を出して行ったら社長は見えず同年代のアルバイトだけで、決済する際に恥ずかしがって – 念のために私が持たせた他のクレジットカードで払ったって。あらかじめ電話して行ったら子供たちも負担ないが、勇気を出して行ってもシャイな子供の場合には、大変ね。恥ずかしいものではない、大きくなってお前が恩返しすればいいんだよ、と話をしても思春期の子供はひたすら恥ずかしがるね。

常に気持ちだけはあり、考えはあるが~、、こうして直接行動に移せる社長に感謝いたします。

結局、このような人々が成功したよ。不思議な世界。

欠食児童が生じてはならない。今の時代飢えることがあるか?北朝鮮にお金をあげるのを停止してください。

貧困は国が解決できません。一人一人の温かい心が集まれば解決することもある。

コロナ終わったら必ず食べに行くよ!