【韓国の反応】日韓友好を主張する山本太郎と山添拓に韓国人「日本がまたアジアのリーダーになる」

れいわ新選組の山本太郎氏と、共産党の山添拓氏の違いを韓国のYouTuberが取りあげた動画です。

山本は本当に日本を愛し、日本がよくなる事を願ってあのような事を言い、山添は本当に罪を認めて反省した後、世界の隣人と仲よく過ごさなければならないという主張をしている。

山本は親韓派ではない。政治手段として嫌韓をもたらす自民党の方式が日本の国益を損なうものだから、嫌韓せず実益を得ようという立場。一方、山添の場合は、本当に根本から日韓関係を改善したい傾向が強いようだ。この人が親韓派だ。しかし日本人の立場では、山添より山本の言葉の方が魅力的で現実的に共感するようだ。

反省は真正性が必須で、実利のための反省は本当の反省とは違うでしょ。

ドイツは戦争を起こしたことを後悔するが、日本は戦争で敗れたことを後悔する。

2人は日本には得だが苦い薬だ。

山本太郎さんが政権を取ったら、日本は東アジアの覇権を得ることができそうで、山添拓さんが政権を取ったら、世界の覇権を狙うことができそう。私たちもあんな若い素敵な政治家が出て来る事を切に望む。

意味なし。自民党が消えない限り、何の意味もない。

日本人の立場で考えると、山本太郎さんが理解できる。韓国人の立場としては山添拓さんの言葉通り、根本的解決を希望する…永遠の隣国なのにね…

ひとりは徹底した実利主義者。ひとりは徹底した反省主義者。実利主義者は安倍のような極右主義者よりは私たちにとって良いが、根本的な韓日関係解決には限界がある。

お2人が会えば、今の日本より、はるかにましになるだろう。

山本太郎が怖いのは、保守の位置で進歩の意見を受け入れる党論を作るという事だ。

太郎は言葉が上手という点が、むしろ韓国に脅威を与える事もあるという感じを受けるのは気のせいだろうか…?

歴史的認識は共産党の方がとても良いけど、人気は殆どないだろうね。

実利的な主張も理解できるが、山添拓の方が信頼できるようだ。

このような日本人が多くなったら、日本が再びアジアのリーダーになるのだろう。

政治性向がどうなろうが現日本政府の問題点を正確に知っている政治家がいるということだけでも、幸いに思いする。

最近、山添拓議員に単独インタビューをしてきました。まともな日本の政治家たちを紹介していただき、ありがとうございます。

政治性向がどうだろうと、現日本政府の問題点を正確に知っている政治家がいるという事だけでも幸いだ。

山本は日本を再び富強にできる政治家であり、山条は日本の真の歴史認識と教育を植え付けることができ、反省できる政治家だ。反省する姿勢で信頼を与える人は、太郎ではなく拓だ。

私たちの立場では、山本太郎は本当に危険な人物である。

2人とも現在の日本の主流ではないのが惜しい。

日本の2人の政治家を比較して理解するのに、すごく役立った。山添拓氏について、もっとよく知りたい。良い放送を、ありがとうございます。

山添拓さんも山本太郎さんも、少なくとも今後、北東アジア国家間の協力体制を強調している点で、2人とも両方応援します。

韓国

Posted by ダンボ